缶コーヒーは、コンビニやスーパーで手軽に手に入りますし、どの自動販売機でも常連のように缶コーヒーがあります。

缶コーヒーは、カロリーを気にする方や太るのが気になる方向けに微糖やカロリーゼロなど様々な種類がありますので、自分の好みに合わせて選べることからも魅力的な飲み物と言えるでしょう。

缶コーヒー飲むときは!
対策を考えながら選択してみませんか?

缶コーヒーは美味しいさや手軽さも
ウケて習慣的に飲まれている方も
いらっしゃるでしょう。


私自身も嫌いではありませんので、
勧められれば喜んでいただきます。


安心して飲みたい
缶コーヒーその対策!

まず、
缶コーヒーのカロリーです。


一般的に190gで50kcal前後だそうですが
ミルクや糖分が多くなればその分
カロリーも高くなりますよね。


体重が重くなってきた.....
太るのが気になる.....


たまに楽しみで飲むあなた!

そのときの気分や体調で飲む
飲まないを選択するといいと思います。

いつも飲まな缶コーヒーを
楽しむのなら太る心配はないですね。


毎日缶コーヒー飲むあなた!

・缶コーヒー1日2本以上飲むのでしたら
1本だけお茶やハーブティに代えてみませんか?

・甘糖のあなたでしたら
美容や健康のためと決心して
微糖やカロリーゼロの缶コーヒーを。


そして、
缶コーヒーのカロリー表示は正確なのが
疑問に思った方もいるのではないでしょうか?


たとえ微糖とあってもかなり甘く
感じるからですね。この甘って.....


甘味料ですね。
そのため低カロリーでも甘いのです。


カロリーが低いほど太る可能性は
さがりますが、健康面から言えば
甘味料より砂糖入りを選ぶのが無難です。


思い切ってインスタントコーヒーや
ドリップコーヒーに代えて、
お砂糖を加減すことで解決できます。


それから、
缶コーヒーのカロリー0!表記条件は
100gあたり5calカロリー未満の場合であれば
0表示可能だそうです。


安心して飲みたい缶コーヒー
美容と健康について考える

甘いものを摂取して、
すぐに太る方がいれば、
代謝が良くて太りにくい方もいます。


ただ、
誰でも人間は年齢とともに代謝が衰え
てきますから、毎日缶コーヒーを飲む場合は
生活習慣病のリスクを減らすことを考えましょう。


そのためにも、
缶コーヒーの飲む回数や量にも気を付け
ていくのがあなたの健康に大切なことですね。


まとめ

缶コーヒーは人気ある飲み物だと思います。
いままで、それ苦手!という方はいません
でした。
(*´▽`*)

やはり気にするのは、
缶コーヒー1本は、角砂糖に例えると
何個分入っているのかとか、好きだけど
カロリーが心配だとか言いますよね。


缶コーヒーを箱買いして家でも
飲んでいるママ友がいます。


カロリーが気になるのだけれど
止めれないそうです。
(´・ω・`)


インスタントやドリップで
入れても好みの缶コーヒーの味は
再現できないそうです。